f:id:milejournal:20170302214628j:plain

ニッチなブログの続編に果たして需要があるのか

とか日中思ったりしてますが、走り出したら後は
ひたすら書くのみということで
あっという間にその3に突入ですcomastyです、こんばんは。

 

割りとノープランでホームステイしたら
結構、理想と現実が違ったよという
誰得の記事ですが、フィッシュ&チップス食べながら
アップルサイダーでも飲みながら読んで頂けたら幸いです。

 

その1

www.milejournal.com

  

その2

www.milejournal.com

 

 

  • ホストハウスで逆接待
  • ホストハウスに謎の男現る
  • 初日から感じていた違和感
  • キム家の秘密

 

ホストハウスで逆接待

 

どうにか家族全員と挨拶を済ませたところで
外からホストファザー(以下HF)が帰ってくる
案の定なんと言っているか聞き取れてなかったけど
祖父母の家に行くようなことをいてた気がする。

ホストマザー(以下HM)は仕事に行ってくると
言葉少なく足早に出ていってしまった。

まぁ平日だし仕方ないか、ということで
家にいるのはcomasty、息子、ボクサー。
ボクサーは手にグローブをはm(略)

何をしようにも何が出来るんだこのパーティーで
と思った矢先、息子が

「ゲームしよ!」

時間を過ごしかつ言葉も少なく済む一石二鳥。
いや、寧ろこの場合はワンストーンツーバードか。
もちろんジャストセイイエスで
息子の部屋に移動する。

 

しかしこれが大きな落とし穴であった。



世の大人諸君が1度はお正月等の
親戚の集まりなどで経験した事がある

 

その名も

 

「接待ゲーム」・・ざわ・・ざわ・・

 

まず今後体験するかわかないけど
日本国民の大人の皆様に言いたいのは
「接待ゲームに国境はない」ということ

 

勝ち続けることも
負け続けることも許されない
(彼らは手を抜いて負けることに対しては敏感)
そんな恐ろしいゲームに
足を踏み入れてしまっていたのである
しかも言葉が通じないという縛り付き。

 

気を遣って貰ったのか
ドラゴンボールのゲームでしばし対戦。

 

私はお国の為に立派に外交をやり遂げてみせます。

 

〜ゲーム中の会話〜

<前半>

息子「Kamehameha-!!」

comasty「おぉー、ないす!」

息子「Makan kosappo-!! yeah-!!」

comasty「おぉー、ぐっど!」

 

<後半>

息子・comasty「・・・」カチャカチャカチャ

comasty(止めどころがわからん・・)



ホストハウスに謎の男現る

 
結局何時間かひたすらドラゴンボールのゲームを
黙々と続けてるうちに夕飯のお呼びがかかる。
知らない間に母も娘も帰宅して居たのだが
食卓に見知らぬ男性が1人・・

 

その風貌はまるでヤン"ザジャイアント"ノルキア
でかい、愛想がない、一体なんなんだこいつは。
そして挨拶したきり一切ヤンはこちらに話しかけてこない。
風貌も相まって警戒心MAXに。
こいつは撃つ方のやつだ!(違


あいつは一体誰だったんだろう・・
そんなことを考えながらその日は早めに部屋に戻り
テレビを見たり焼け石に水ではあるけど単語帳を開いたり
この状況では日本に帰ったらイギリス外交大失敗
なんてレッテルを貼られかねないので
改めて今後の対策を練り始める。


そこで決心する。

 

「明日は出かけよう(1人で)」

 

初日から感じていた違和感

というのもホストファミリーの口から
どこかに行こう、出かけようと
いったような提案が今まで一切なく
そうは思いたくなかったのだけれど
薄々感づいてしまったのである(遅い?)

 

そう、これは

ビジネス色濃いめのホームステイだったのだ。

 

理想ではこんな感じだったのだが・・

HF「おいcomasty!今日は川でBBQするぞ!」
HF「どんどん肉食えHAHAHA」
HM「もうーすぐパパは張り切るんだからッ」
息子「comastyサッカーしようよー!」
娘「日本ってどんな所なの?私行ってみたい!」 

 
現実は非情である
HF:見かけない
HM:仕事でほぼいない
息子:ゲームで接待
娘:お稽古か何かでほぼいない
謎の男:誰だお前は
犬:でかい、怖い


彼らは何もしてくれないし期待してはいけない。

ネガティブに聞こえるかもしれないけど
ただ、そう思ったことで開き直り
理想のホームステイ像は崩れ去ったけども
明日からは余計な気を遣うこと無く自由にしようと
決めることが出来ました、結果ロンドンにも行ったし。



しかし
自分はそこそこの年齢だったからよかったものの
これがもっと幼い年頃だとしたらトラウマにも
なり兼ねないなぁと思ったので
もしお子さんをホームステイさせる考えを
持っているような親御さんは
どんなスタンスのステイ先なのかも事前に
しっかり把握することが大事だなと思います。

 

キム家の秘密


一大決心した翌朝
予期しないところで散らばったパズルが
バシっとはまる出来事が起こる。


いつも通りカリカリのトースト(バター無し)
を食べた後リビングで息子、娘と過ごしていたら
誰かが外から入ってくる音が聞こえたので
無意識的に「誰?」と尋ねると
さらりと息子がこういったのである


「Old dad」

 

(え?)
聞き返しはしなかったけど確かにそう言った。



そしてリビングに入ってくる人影・・



・・まさかのホストファザーその人である。

 

 

散らばったパズルのピースがバシバシはまる。


- 家で全く見かけないホストファザー

- ヤンの存在 (おそらくボーイフレンドかNew dad)

- ホストファザーをOld dadと呼ぶ息子

 

 

そしてそこでこう思ったのである。

 

 

色々ややこしい家に迎え入れるなよ!(#^ω^)ビキビキ

 

本日のホームステイ教訓

  • 事前に家族構成を確認
  • 出来たらどんなホストか確認
  • 対戦ゲームで英語は向上しない